よしみずについて

女将挨拶

私が京都のお宿吉水と衝撃的に出会って始まりましたお宿吉水、株式会社吉水の歩みは今年で10年となります。

この間、決して順風満帆だったとは言い切れませんが、単なる宿泊サービスの提供としてのお宿ではなく、ご利用頂くお客様に他では感じられない「何か」を感じて頂くこと、一夜の宿泊体験が毎日の暮らしのアシストになるような取り組みは、少なからず意味があったと実感しています。

個人としても会社としても、今後も意味のある「何か」を発信し続けてゆきたいと思っております。

お宿事業

京都市円山公園内の「お宿吉水」と京都府綾部市の「あやべよしみず」を運営しております。
小規模でもクオリティの高い、そして存在意義のある小規模宿泊施設の運営を目的とし、今後も多角的な可能性を探り続けて進歩進化する事業です。

くらし事業

女将中川誼美が自ら実践し続けいてる『暮らしやすい毎日を過ごす方法』を中心に、様々な暮らしに直結するアイデアを提案するお仕事をしています。
物質的なものの多く、そして人的コミュニケーションにおいても、ちょっと前の日本の暮らし方から比べると現在のそれはとても無機質なものであるように思います。

Copyright (c) YOSHIMIZU,.Inc. All rights reserved. Designed by Yoshimizu